投稿する

枝垂れ梅と落ち椿 @城南宮神苑

K Satine Jp
975ビュー

平安遷都の折、都の南に国の守護神として創建され、方除、旅行安全の信仰を集めています。雅やかな曲水の宴(奈良時代から平安時代にかけて宮中で催された歌会を再現した行事で、春と秋の2回、清流や浜辺に赴き水を浴びて身を清め、不祥を祓い無病息災を願う風習)が催される神苑は「源氏物語花の庭」と呼ばれ、可憐な花や紅葉に彩られた美しい風景を楽しめます。社殿の西に広がる「春の山」では、150本のしだれ梅が薄紅色や紅白の花を装い、春の訪れを告げます。 探梅→観梅→惜梅 と移り行くしだれ梅を3度楽しむ事が出来ます。

撮影場所

城南宮
マップで表示する

タグ

写真の詳細情報

カメラメーカー Apple
撮影機材 iPhone 11 Pro Max
撮影日 2022月3月20日
絞り値 2/1
シャッタースピード 1/305秒
焦点距離 6/1mm
Amazonで売れ筋のカメラを今すぐチェック

近くの写真

おすすめの書籍

にっぽん 観光列車の旅 (地球新発見の旅)