投稿する

京都の夏 山縣有朋の別邸 無鄰菴

K Satine Jp
214ビュー

無鄰菴(むりんあん)は、京都市左京区、南禅寺のすぐ西側、琵琶湖疏水のほとりにある山縣有朋の別邸。 約3,135平方メートルもの広大な庭園は、1891(明治24)年に山縣が七代目植治(小川治兵衛)に指示し作らせたもので、東山を借景とし明るい芝生に琵琶湖疏水を引き込み、石組三段の滝、石橋、浅い流れを配した池泉廻遊式庭園で、近代的日本庭園の嚆矢とも言えるものでした。 豊臣秀吉でさえ、あまりに大きく重いので運ぶのをやめたという庭石を、醐醍の山中から24頭の牛で無鄰菴に運んだと言われています。