投稿する
メイン画像

【絶景ブログ】エメラルドの季節

2024/5/15
絶景事典の写真

絶景事典

緑がまぶしい季節になりました。 緑色は安らぎ、癒し、穏やかといった印象を喚起させるため、緑を眺めているだけで穏やかな気持ちになり、リラックス効果があるそうです。 今回は、心が弾んで出かけたくなるような緑の絶景をたっぷりご紹介します!

メタセコイア並木のリフレクション(滋賀県)

路面がまるで川のよう。これほど綺麗に映ると壮観ですね。リフレクションを撮るために雨上がりを狙ったそうです。どこまでも歩いて行きたくなります。

引用:絶景事典 Hiromi Sakataさんの投稿

https://zkg10.com/posts/135ae9fa

高島市農業公園マキノピックランド

滋賀県高島市マキノ町寺久保835−1

0740-27-1811

瑠璃光院(京都市)

柱や壁が写っていることで、内から外を見ている感じが強調され、まるで自分が緑の水で満たされた水槽の中にいるかのような感覚に陥ります。

引用:絶景事典 さむい者おげしさんの投稿

https://zkg10.com/posts/984d3e22

光明寺京都本院瑠璃光院

京都府京都市左京区上高野東山55番地

075-781-4001

箕淵(みぶち)(高知県)

木々をかき分け、急斜面を降り立った先に広がる秘境スポット。神秘的な色をたたえた淵には古くから、水の神である蛇神が棲むという大蛇伝説が伝えられてきました。

引用:絶景事典 sietemares_1984さんの投稿

https://zkg10.com/posts/2476ddba

箕淵

高知県長岡郡大豊町梶ケ内

御射鹿池(みしゃかいけ)(長野県)

標高1,500mの山中にある静かな水面に山々が逆さに映り込み、幻想的な光景を創り出します。日本を代表する画家、東山魁夷氏の《緑響く》のモチーフになったことでも知られています。

引用:絶景事典 望月 雄磨さんの投稿

https://zkg10.com/posts/379659c4

御射鹿池

長野県茅野市豊平 奥蓼科

新緑の銚子大滝(青森県)

東北屈指の渓谷美を誇る奥入瀬渓流本流で随一の滝。高さ7m、幅は20mもあり、大量の水が流れ落ちる様はダイナミック。しぶきから発生するマイナスイオンで癒し効果も期待できます。

引用:絶景事典 伊藤 和平さんの投稿

https://zkg10.com/posts/2c941050

銚子大滝

青森県十和田市大字奥瀬字奥入瀬

忘憂森林(ワンヨウセイリン)(台湾)

1999年に山の形が変わるほどの大地震で川が堰き止められて溜池ができ、水に浸かった原生林は壊死して立ち枯れました。その幻想的な姿は台湾の秘境と言われ、人気の観光スポットです。

引用:絶景事典 溝口 崇さんの投稿

https://zkg10.com/posts/83d6c6a2

エメラルド(和名:緑玉)は5月の誕生石です。 貴石の中でもこの石を充てたということは、誕生石の起源とされる古代バビロニアの人も日本人と同じように5月を緑濃い季節と感じていたのかもしれません。 洋の東西を問わず、燃え立つ緑は生命の輝きにあふれ、それを見た人は心を躍らせてきたのでしょう。 緑に包まれて、光を浴びながら爽やかな空気を思いっきり吸い込みに出かけたくなりますね!

この記事をシェアしよう