投稿する

聖域の春 🌸神々が降臨した始まりの地 ゴトビキ岩 神倉神社

K Satine Jp
132ビュー

神倉神社は市街地の西、権現山(神倉山)の南端に鎮座する、熊野速玉大社の飛地境内摂社です。 「ゴトビキ岩」を御神体とし、高倉下命(たかくらじのみこと)・天照大神(あまてらあすおおみかみ)を祭神としています。 神倉神社は、熊野大神が熊野三山として祀られる以前に一番最初に降臨された聖地です。天ノ磐盾(あまのいわたて)という峻崖の上にあり、源頼朝が寄進したと伝えられる熊野古道中の古道と称される急勾配の鎌倉積み石段538段を登りつめた所に御神体のゴトビキ岩があります。ゴトビキとは新宮の方言でヒキガエルの事