投稿する

太古の地球の息吹❗️森の中に現れる数千年前の火山の痕跡

K Satine Jp
519ビュー

屯鶴峯は、奈良県香芝市にある奇岩群・奇勝で奈良県の天然記念物。遠くから見ると鶴が屯(たむろ)しているような奇観のためそう呼ばれるようになったとか。2303万年前~724.6万年前(最終活動期が約1500万年前)の二上山の火山活動によって火砕流や火山灰などが堆積し、その後の地殻変動によって隆起し凝灰岩が露出、さらに、1500万年の間に風化・侵食されて現在の姿になりました。 サヌカイトやザクロ石閃緑岩などの岩石が産出され、古くは古墳の石棺材や寺院の基壇などの石材として利用されていました。