投稿する

重森三玲の最高傑作❗️岸和田城 八陣の庭

K Satine Jp
579ビュー

岸和田城庭園・八陣の庭は、昭和の奇才・重森三玲が昭和28(1953)年設計・作庭を行った回遊式枯山水庭園。 岸和田城を借景とした地上からの視点だけでなく、翌年に建築されることが決まっていた天守閣や、航空機などの発達で上空から観賞されることを意図して設計されるなど、伝統的な日本庭園にはなかった独創的なデザインで、現代庭園の画期となった作品と高く評価され、その芸術性の高さから国の名勝に指定されている。芸術的価値及び近代日本庭園史における学術上の価値は高く、東福寺の本坊庭園と並ぶ最高傑作と称される。